会員登録(無料) 無料会員登録されますと、すべてのコンテンツがご覧いただけます。

専門家回答

Qきょうだいの発達障がい、どのように伝える?

先日、次男(小学校1年生)に発達障がい(AD/HD)があることがわかりました。長男(小学校5年生)にどのように伝えたらよいでしょうか。私自身、子どもに障がいがあるということを受け入れるのが大変なのに、まだ小さな長男が、弟の障がいをうまく受け入れてくれるのか心配です。どう伝えるとショックが小さくてすみますか。

A臨床心理士

きょうだいの障がいについて伝えることはとてもむつかしいことです。伝えられるきょうだいがどの程度理解できるかにもよりますし、そもそも伝える親の側が受け入れられていなくて、上手く伝えることが出来なかったりすることもあります。それでも、障がいのある子を家族みんなで支えていくためには、伝える必要があることもあります。伝えるのであれば、ごまかさないで伝えることが大切です。どのような症状があるのか、治るものなのかどうなのか、どのような事でサポートが必要なのかなどなど。「大きくなったら治るから」などとごまかしたりせず、あるがままを伝えましょう。しかし、親から伝えることがむつかしい時や、どのように言ったらよいのかわからない時には、専門家を間に挟んでも良いかもしれません。弟さんの療育などに関わっている人の口を借りて、お兄さんに伝えたほうが、正確に伝わることがあります。伝え方に迷っている時には、そういった専門家に相談してみても良いかもしれません。