会員登録(無料) 無料会員登録されますと、すべてのコンテンツがご覧いただけます。

コラム

カテゴリ 学校 テーマ 学校選び

0 / 5点

発達障がいがある子どものための中学校選び

 最近では学校選択制が取り入れられている自治体も増えてきて、中学校選びに悩むこともあると思います。お住まいの学区の学校に通級や特別支援学級がないのであれ、なおさらどこまで行こうかと考えてしまいますよね。

特別支援教育を受ける?受けない?


 できるかぎり普通級に通わせたい。そう思う保護者の方は多いですし、小学校は普通級でやってきたのであれば、中学校も…と考えるのは自然の流れともいえるかもしれません。
 しかし、だからこそ、あえて通級や特別支援学級がある学校を選んでおきたいもの。中学校に進学すると、子どもは思春期を迎えますので、心とからだに大きな変化が訪れます。「変化に弱い」という特性を持つお子さんが、中学校に上がったタイミングで、これまで想定していなかったつまずきに遭遇することもあるのです。
 そういうときに、途中から特別支援教育を利用していける環境が整った学校を選んでおくというのは、かしこいリスクマネジメントとになるのではないでしょうか。

中高一貫校でじっくり6年間を過ごす


 最近は公立校でも中高一貫校が増えてきました。学力が高めの進学校と呼ばれるレベルの学校が多いようですが、お勉強が得意のお子さんであれば、そこを狙っていくのもいいかもしれません。
 何しろ3年ごとの環境の変化というのを経験しなくてよくなるのですから、中学から高校進学へのナーバスな時期が一度減ると思うと、それだけでも大きなメリットがありますよね。ただし、入学後に「合わない」ということがあると、ショックも大きいかもしれません。一貫校を選択する場合は、説明会などに足を運んで学校の雰囲気を肌で感じてみたり、教育方針などを事前に良く確認しておきましょう。

特色ある私立校でその子に合った教育を受ける


 私立校にも中高一貫校の学校は多いですね。また、公立校よりも学校の特色というのが大きく打ち出されていますので、学校選びの際には、子どもに合っている学校を判断しやすいということがあるかもしれません。
 なかには、発達障がいの子の支援に特化している学校もありますので、子どもの個性と学校の個性がマッチすれば、充実した3年間もしくは6年間を過ごすことができるでしょう。
 公立校よりはどうしても学費は高めになりますが、経済的な面がクリアされるのであれば、私立校の選択は大いに視野に入れていけると良いと思います。

コラム検索

カテゴリー