会員登録(無料) 無料会員登録されますと、すべてのコンテンツがご覧いただけます。

コラム

カテゴリ 学校 テーマ 学校生活

0 / 5点

個別的配慮は求めてもよい?求めるならどう伝えたらいい?

 子どもに配慮が必要ならば、積極的に求めていきましょう。そこを遠慮していると、学校側もどうしていいかわかりませんし、結局何かが起きたとき保護者に連絡がきます。何よりそんなときにいちばん困ってしまうのは子ども本人ですよね。

その子には普通級が合っているのか


 普通級に通学している場合は、どこまで配慮を求めていいのか、本当に悩みどころなのではないでしょうか。とはいえ、普通級のほかの生徒たちが何も問題を抱えていないかというと、そうではありませんよね。
 発達障がいの診断がついていても、それが普通級の中で生かせる「個性」なのかどうか、そこが判断の見極めであると思います。配慮を求めるということは、学校側にとっては「配慮の必要な生徒」となるわけですから、あまり多くの配慮が必要となると、普通級には向いていないのかもという見直しも、してみていいのではないでしょうか。
 

気持ちの葛藤が整理できない…


保護者や子ども本人も、「障がい」とか「特別支援」とか、必要だと頭では理解できても、その言葉から来るイメージに縛られ、なかなか受け入れられず、気持ちの上で葛藤が続くこともあるでしょう。
特に学校という集団生活の場で個性的な存在であることは、それだけでツラい思いをすることもあるかもしれません。
 そこを無理強いする必要はないのですが、支援が必要ならばそれを受けられる環境にいた方が、生きやすくなる可能性は大いに高まります。

まずは相談しやすい人に


 学校で配慮を求めようという場合、まず誰に話すかということも大事なポイントですよね。担任の先生がいちばん手っ取り早いのですが、先生によっては発達障がいのことをあまり知らなかったり、理解がある先生とそうでない先生、また保護者や子どもとの人間的な相性というものもあるでしょう。
 学校には、クラス担任のほかにも、スクールカウンセラーや特別支援教育コーディネーターという役割の先生もいます。心理士や教頭先生が担当していることが多いですが、担任の先生に話しにくいと感じたらそれらの先生に相談してみると良いでしょう。
 スクールカウンセラーの相談を利用したことがなかったり、担任以外の先生に話すのはハードルが高いと感じられる場合は、普段から関係のある主治医や支援機関の専門家に相談してみましょう。学校と連携して支援体制を整え、なぜ普通級で配慮が必要なのかなども、理解したうえで上手く伝えて調整してくれるはずです。

コラム検索

カテゴリー